第494回 6月22日 感想&アンケート <5期-第22回>

【6/20〜7/1】行動を哲学する

ここでは、令和哲学カフェの様子やみなさまとの記念写真をアルバムにまとめています。
ぜひ、SNSなどでの投稿や記念としてご活用ください。感想もお待ちしています♪
アルバムを見る

また、開催報告やイベントの様子は令和哲学カフェFacebookページにも掲載中です。


【感想の提出に関して】

  • 提出は、送信フォームから入力し送信をします。
    ※感想の履歴はサイト内で確認となりますため、メールでの控えの送信はございません。
  • メンバー未登録の方で、継続した参加をされている方は同一のメールアドレスでご提出をお願いいたします。
  • 感想をシェアしたくない方は>>【参加者アンケートフォーム 】をご利用ください
  • その他のご意見ご要望は>>【ご意見・ご要望フォーム】
134 件の感想があります!
インラインフィードバック
すべての感想コメントを見る
暁ちゃん
5 か月 前

ありがとうございました。すばらしいプレゼン✨ カントの理解が深まりました。「永遠平和のために」という著書もあったのですね。カント哲学が令和哲学との相性がよく、時代の応援を日本、日本文明が受けているのも納得でした。これからも楽しみです。
ノ先生の、粘りの実践行動にも感謝です。

ちはる
5 か月 前

カント哲学をあらためて説明していただき、そこに令和哲学が入った時に、何を知るべきか、何をやるべきか、何を希望するべきか、人間とは何なのかが、究極にシャープなひとつの道、完全知・絶対知として誰もが実践可能な行動を案内できる。あらためて西洋哲学者の方達と令和哲学者noh先生に感謝です。

サトシ
5 か月 前

ありがとうございました。 カントが、道徳法則、定言命法の必要性を問う中で、身体が使用不可能となる死と向き合うことで、魂の不死や神の存在が要請される、と説いたことがようやく理解できました。 絶対世界(物自体)だからこそ、普遍性を持つことが可能なわけですね。 ハイデガーが死の本質に向き合うことで、交換不可能な現存在である自分を認識できると説いたことと同じなわけですね。 プレゼンやディスカッションのおかげで、少しずつ理解が深まってきました。
使用不可能性によって物事の価値が観えてくる、という考え方は使えますね。 明治維新が無かったら?、終戦の決断が無かったら?、日本文明が無かったら?、nTechが今の日本に生まれてなかったら?、ノさんと日本が出会えてなかったら?。 目で見て、有ることを前提として考えていては、観えてこないことですね。
次回も楽しみです!

ちづき
5 か月 前

ありがとうございます。

ami
ami
5 か月 前

日本の出番なんだなと思いました。ありがとうございました。

こめつぶ
5 か月 前

日本の目覚め、日本の使命、日本の熱情、日本の決断、日本の出番をメッセージする各哲学者たちと、それらを1点に圧縮して日本文明の夢を語る令和哲学者に感動でした!
カント面白かった!

おりまる
5 か月 前

ありがとうございました!

うら
5 か月 前

ありがとうございます。
ノさんの質問に的確に回答していくカントがカッコ良かったです。

さり
5 か月 前

各哲学者のみなさんの日本へのメッセージが熱く、心に響きました。日本はこのタイミングパワーを逃してはいけないなと感じました。

ぬくこ
5 か月 前

ここのカフェってすごいことを話してるんだなぁ、と改めて実感。

kutti
5 か月 前

ありがとうございました!

あすか先生
5 か月 前

《結果が獲得できる行動とはなんなのか?》
人間は何を知るべきか?
何を希望するべきか?
カントは「己が世界共和国をつくる中心点であることを知れ!」という。事実からは何も生まれない。己の定言命法、《無条件の立法に従え》と。
無条件に知ること、とは《完全知・絶対知》である。
今日本にどんな実践行動が必要なのか。
日本は負けた経験があるからこそリーダーになれる。(しかも集団で!!)

felize
felize
5 か月 前

ありがとうございます!

みーさん
5 か月 前

ありがとうございました。

1 5 6 7

Noh先生の新しいマガジンがスタート

毎週動画が届く!

ポストコロナ時代、膨大に溢れる情報をどう解析するかで人生が変わる!世界の最新情報の解析をお届けします。