2020年7月4日

令和哲学カフェ

意識をアップデートする

「特異点」ディスカバリー部門 エントリー【第23回6月26日分】


令和哲学AWARD
「特異点」ディスカバリー部門
エントリー


「考えの美学」をテーマにした第3回目となる、今回の「令和哲学カフェ」。
普段何気なく、だけど相当量使ってる「考え」。

 

「考え」について、こんなに考えたこともなく、
聞かれたこともない質問に、悩み、意識を集中させることで、
新しい「考えの道」を開拓しているような感覚になります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 考え1つ変われば、人間が変わる 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

このNohさんから出てくる表現を聞いた時、
私は、「考え1つ」しかも『本当の考え第1号』さえ変えることができたなら、
その可能性は人間を変えてしまうくらい、
むしろそれ以上の、なにかもの凄い可能性を秘めていることを感じ、
一瞬、時間が止まったかのような衝撃を受けました。 

 

「考えの美学」第1回、第2回では、出演されている5人の方の主義主張や、
やりとりを集中して聞いていたのですが、頭がこんがらがって、
何をどう整理したらいいかがわからない状態に陥りました。

 

そして今回の第3回目。
Nohさんが少しずつ整理をして、まとめてくださった内容を聞いていくと、
だんだん自分の頭の中で、こんがらがっていた原因が見えてきました。 

 

第1回の最初の質問である「考えの第1号とは?」という、
生まれて初めて聞いた質問自体にも、混乱しましたが、
それよりも問題だったのは、

 

何をもって、どこを基準にして『第1号』とするのか?

 

その大前提がなかったことです。
大前提がないことすら気づいていませんでした。

 

これは、私たちの普段の会話の中でも、
同じような状況になることがよくあります。

 

結果、出演者の5人それぞれ、そして視聴している人それぞれが、
『自分の勝手なイメージ』を大前提にして、発想し、論理を展開していて、
出発がバラバラのため、全く話が噛み合っていない状況となり、
カオス状態を創り出していた。ということが解りました。

 

私の理解で表現すると、Nohさんが言っていた「考え第1号」とは、
「75億人が幸せ、成功になる一番知恵ある考えの始まり」
違う言い方をすれば、
「すべての考えを生み出す、一番根底の考えとは何か?」です。
 

WHTでは、バラバラだった5人の主義主張に対して、
Nohさんの質問1つで、相手の論理を根底から覆したり、
補足説明をして納得させ、共通土台を作りながら、
違いがどんどん融合されてしまいました。

その光景はなんとも鮮やかで、
感動するレベルの美しさで、まさに美学の実践でした。

 

その実践をNohさんの言葉で言うと、

『真理の剣』を振ること

令和哲学カフェは、日本人が侍の精神を呼び覚まし、
剣を振ることで、侍を生み出していく場だと思いました。

 

令和哲学
AWARD

特異点ディスカバリー部門

Auther : Yoshiko Yamaguchi

山口 禎子さん