【10/7】第568回 坂本龍馬を哲学する


開催レポート

今回は、坂本龍馬と北海道のつながりが明らかになりました。
北海道開拓を志半ばで終えた龍馬の意志を受け継ぎ、その子孫たちが北海道開拓に尽力しました。

武士道はさやの外に出た刀なので、歓喜溢れる刀を振りたいのです。
そのため、刀が使えなくなることで、その情熱を北海道を開発・開拓することに注ぎました。
待つ美学が爆発する北海道は、武士道を完成させた土地でもあります。

八方ふさがりの世界秩序を制圧、征服する武士道を実践し、
坂本龍馬の開発、開拓する精神で燃え上がっていきましょう。

参加者の感想は令和哲学カフェコミュニティサイトをご覧ください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。