【9/12】第550回 坂本龍馬を哲学する


開催レポート

今回から2週間、「SAMURAIを哲学する」がテーマになります。5人の21世紀SAMURAIたちが各曜日を担当しながら宮本武蔵、新渡戸稲造、坂本龍馬、吉田松陰、山本常朝(葉隠)を深めていきます。

本日は月曜担当の冨沢亮太さんが、宮本武蔵の五輪書を紹介しました。宮本武蔵はそれまで使われていた仏教や儒教の言葉を用いることなく、独自の言葉で記しています。「刀は心であり、道理であり空であること」がわかって、「ある場所を知ること」は、「ない場所を知ることだ」と言っています。これは令和哲学のA=notAに繋がります。
相手が打とうとする前に、相手の動きを完全に封じて完敗させるというのは、心をマスターした人でなければできないことです。

参加者の感想は令和哲学カフェコミュニティサイトをご覧ください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。