2020年7月4日

令和哲学カフェ

意識をアップデートする

ライティング部門エントリー【第17回6月17日分】


令和哲学AWARD
ライティング部門
エントリー

 

第17回6月17日開催の令和哲学アワードライティング部門エントリーブログは、「尊厳とは?」川原田朋美さんです。

すばらしい投稿をありがとうございます。

以下抜粋。

本日の令和哲学カフェのテーマは

“尊厳関係はなぜ必要か?”

 

このことをWHTするうえで、

更に重要なキーワードがでました。

 

尊厳死

 

目で観て条件反射して、

自分のことや相手のことを、

瞬時にできない足りないわからない!

と決めつけてしまってる状態が、

人工呼吸器をつけてるのと同じ状態なのだということがわかりました。

息したくて呼吸してる。生きたくて仕方なくて生きてるのではなく、ただそんな機能がたまたまあったからわけもわからず呼吸してる状態。

目で観たらそこに意味も価値も感じられずマンネリ化したり相手を憎んだり殺したしてる地獄の状態。

そこに尊厳はないし、尊厳関係も作れるはずがないということがよく理解できました。

全文:http://kumakurakeiko.com/2020/06/17/reiwaphilosophy-6/

令和哲学
AWARD

ライティング部門

Author tomomi kawaharada

川原田 朋美さん