第43回 7/27 ニーチェと美学(4)開催レポート


第43回令和哲学カフェ
ニーチェと美学(4)

2020年7月27日(月)21:00~22:30

開催レポート

第43回令和哲学カフェは、290名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。

今、科学技術によって不老不死を可能にしようとする研究が進んでいますが、最初に、これからは不老不死と不生不滅が当たり前の時代になるという話がNohさんよりありました。
宇宙の仕組みがわかれば死んでも生まれ変わることを確信できるので、死の恐怖がなくなります。また、脳ミソをコンピューターにアップロードすることで、何百年も意識を持ち続けることが可能になります。

今回のWHTは、そんな不生不滅と不老不死が当たり前の時代になった時、人間のライフスタイルの中心キーワードは何になるか、というテーマで5人の討論者がそれぞれの意見を語りました。さらに、そんな中でもお金持ちは一部にとどまるので、お金の格差の問題はどう解決するのかという問いも投げられました。
WHTでは具体的な解決策が出るには至りませんでしたが、お金という現実的なものと繋げて、人間の美しいライフスタイルのイメージを広げていく場となり、アンケートでも「とても面白かった」「もっと考えていきたい」といった声が多く見受けられました。

Q&Aコーナーでは、「今までは金(きん)がお金に紐づいていたが、これからは何を基準にお金が発行されるようになるのか」「不生不滅が当たり前になったら、人口が増えすぎて困らないか」といった質問が出ました。
それに対して令和哲学(nTech)の観点から、5人組を基本単位とした「関係場(コミュニティ)」、観点を融合させる能力や人を愛する能力の数値化、完全(完成)学問の話などがありました。

次回は、7月28日(火)です。
どうぞお楽しみに!

参加者の感想

子育てで悩み、本屋で「0=∞=1」を読んだ時、理解はできないけどファイナルアンサーがここにあるような直感的なものを感じました。まだまだ理解が追い付いていませんが今日のcafe参加で改めて、日々コツコツとチャレンジしたいと思いました。(くわちゃんさん)

コロナウィルスも時代の意志、宇宙の意志。善もない悪もない1から観れば、ただ美しい神の意志、歴史の涙がそこにはあるだけなんだなと思いました。そして、その涙を結集させて尊厳を生産、広げていく。それが祭りでありストーリーなんだと思います。(りょうちゃんさん)

お金の話、普段考えもしなかったことで面白かったです。心自体は体を持っていないので、不老不死で不生不滅なんでしょうね。心の存在になることが条件だとも言えますね。(アンディパパさん)

お金以上に大切なものは何なのか。それが規定できたときにお金を引っ張れるようになるのだと思いました。本日も面白い内容をありがとうございました!(あっきーらさん)


たくさんのご感想をお寄せ頂き
ありがとうございました。

もっとアンケートを見たい方は
令和哲学カフェコミュニティサイトをご覧ください。

またのご参加をお待ちしております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。