【第84回9月22日分】「特異点」ディスカバリー部門 エントリー


令和哲学
AWARD

特異点ディスカバリー部門

Keiko Kumakura

熊倉 恵子さん

今日の特異点

今日の令和哲学カフェは、カントとヘーゲル・令和哲学をよくよく理解できる回になりました!

WHTのテーマは
「全人類77億人、一人ひとりが200兆円を持ち、200歳まで健康で生き、200人の友達がいつでもお茶ができる状態だったら、その一人ひとりは、何を目的で生きるのか?」

5人の参加者は、
・祭り
・融合システムをつくる
・地球をいい環境にする
・恒久世界平和をつくる
・地球脱出
などの意見を聞き、

私は、「そもそも全人類が200兆円を持ち、200歳まで健康で生き、200人の友達がいる時の人間の意識はどうなっているのだろう?」と疑問に思いました。

私は、Noh先生の解析を聞いて、カントとヘーゲルが人間の目的を何と伝えていたのか?人間が何から自由になることを伝えいたのか?
そして、令和哲学はカントとヘーゲルを補い融合させ、今の時代に生きる人にとても希望を与える哲学なのだということを感じました!

以下、Noh先生の解析です。

カントもヘーゲルも「人間は最高の目的的存在」だということ。
「人間はなんのために存在するのか?」に対して、ヘーゲルは「最高の目的・究極の目的、人間が(宇宙が)なんのために存在するのか?」に明確に答えださないとそれは「哲学」では無い!と言っていたそうだ。

人間は何のために存在しているのか?の問いに対して、ヘーゲルは、「絶対精神の完全な権限だ」と答え出してる。

それは、どういうことか?
人間は、お母さんから生まれたら、意識が生まれる。意識の蓄積が知識になり、知識の蓄積で認識対象が生まれる。その認識対象に依存する(お母さん、お父さんなど)。

自己意識(アイデンティティ)が安定したら独立意識が生まれ、他人の観点、自分の観点がわかる。他人の観点、自分の観点を融合できたら、理性が誕生する。理性が誕生したら、人と人の間の社会性や法律に関心を持つ。

・自然法則をマスターする霊魂の自由主義者
・社会法則をマスターする霊魂の進化主義者
この2つをマスターすることで、精神誕生という。
「完全認識・完全存在」その人間が、最小単位になる。

カントは、束縛から自由になる、個人の自由。
ヘーゲルは、高い目的に向かう、創造の自由。
哲学者は前の哲学者を切って、自由の幅を広げていく。

WHTの、200兆・200歳・200人の友達の質問は、束縛から自由になってる状態のことをイメージしてもらうための質問でした。
「お金、生老病死、名誉など、完璧に束縛から自由になった時に、あなたは何を願いたいですか?」
実は人間誰もが「今ここ最高の観察ができることを願う」そうです。

今ここ最高の観察とは、「今ここで、77億人の最高の幸福と成功に行く道。
Win-Win.All-Winに行く道を観えること。」

それが「今ここ」だということ。

この話が衝撃的でした!

私は「今ここ」という言葉をよく使っていましたが、今ここで、77億人の最高の幸福と成功に行く道。Win-Win.All-Winに行く道を観て、その言葉を使っていませんでした。

「今ここで、77億人の最高の幸福と成功に行く道。Win-Win.All-Winに行く道」を観て、天才集団をつくる実践をしていきたいと思いました。

人間は誰もが、天才の才能を持っている。着火させ、どんどんシナジーを起こし、天才集団が広がっていく、そんな実践をいつもしていきたいと思います。

毎日、私たち日本人が目覚めていく配信を本当にありがとうございます!

令和哲学アワードの詳細はこちらより

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。