ライティング部門エントリー【第19回6月22日分】


令和哲学AWARD
ライティング部門
エントリー

 

第19回6月22日開催の令和哲学アワードライティング部門エントリーブログは、「令和哲学カフェの楽しみ方☆その②」平野善子さんです。

すばらしい投稿をありがとうございます。

以下抜粋。

このWHT、本当に、日本人の「あいまい」で「なんとなく」、そして「ふわっと」「だいたいわかるよね」「察する」が当たり前なコミュニケーション文化に、令和哲学者からの鋭いツッコミ(質問)が入り、

その質問を通して

びっくりしたり、衝撃を受けたり、むむむ!!???となったりするのと同時に、今まで見えていなかった新しい世界が開く、そんな驚きの技術です。

ぜひ、実際に体験してみて下さい!!

初めての方は、まずは視聴しながら、何が起こるか体感して頂くことをおススメします!

そんなWHTですが、昨日はまた、新しい気づきがあったので、書いてみたいと思います。

ここ最近の令和哲学カフェのテーマは「尊厳」ですが、ここに対して、昨日は令和哲学者Noh Jesu先生より、以下の質問が5人の出演者に投げ掛けられました。

「尊厳で生きるとは、どういうことですか?」

そこに対して、5人の出演者は、短い言葉で一人一人の意見を語りました。

その一つ一つも、とても深い内容でしたが、もっと驚いたのはその後。

Noh先生は、先週の5人の「尊厳」に対する意見と、今回の意見に、微妙な違いがあることを感じ取り、その変化が起こった背景を質問していったのです。

全文:https://soramame313.com/1139/

令和哲学
AWARD

ライティング部門

Author Yoshiko Hirano

平野善子さん

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。