第95回 10/8 ドゥルーズと令和哲学(4) 開催レポート


第95回令和哲学カフェ
ドゥルーズと令和哲学(4)

2020年10月8日(水)21:00~22:30

開催レポート

只今準備中です♪

参加者の感想

今日のテーマ「なぜ人の話が聞けないのか」は、かなり興味がありました。WHT参加者も言っていましたが、お互いの意見の違いが楽しめて融合できる議論ができたら人と出会うのも楽しいし、いろいろなアイデアも浮かびそうだしと明るい未来がイメージできました。 明日のまとめ、楽しみです。(トメさん)

今までは違いがあると融合できない、わかりあえないと思いがちだったけれど、ドゥルーズの哲学では違いを明確にすることによって融合できるというのはイメージ破壊でした!似ているところを探して大雑把に融合しようとするのは脳で見た時の荒技。 心でみたら全体像と関係性がわかるから、違いを繋げてハーモニーにすることができるのですね。違いを恐れず、楽しんでいきたいです!(kankanさん)

話が聞けないことと、ドゥルーズがいう究極の微分状態にいけばすべてを疎通させられるという話に一連の流れを通して興味が深まりました。ドゥルーズの違いの哲学を次元上昇させられたら人類は本当にゲームチェンジ!!ですね。日本が心の国にならなければ人類に未来はない!という言葉も刺さりました。(morphieさん)     

誤解から理解が始まる。 ノさんのこの言葉は、関係性にとってすごく大切だと思いました。 全てが心。心の思い込みの強度。強さがみんな違う。 脳は違いを通して同一性をつくる。 相対比較なんてしてる場合じゃないなぁと思いました。自分の人生をアートで愛する命の砂時計の時間を使いたいとおもいました。(りょうちゃんさん)


たくさんのご感想をお寄せ頂き
ありがとうございました。

もっとアンケートを見たい方は
令和哲学カフェコミュニティサイトをご覧ください。

またのご参加をお待ちしております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。