第63回 8/24 ドゥルーズと思考(3) 開催レポート


第63回令和哲学カフェ
ドゥルーズと思考(3)

2020年8月24日(月)21:00~22:30

開催レポート

参加者の感想

表現ってなんだろう?と今回もまた深く考えることができました。常日頃使っている『表現』という言葉のイメージを超えて話をされている事に気づくと、皆さんが話される表現のイメージをひろいやすくなりました。言葉が完璧なものじゃないからもどかしいですね。可能なら何度かみたい回でした。ありがとうございました!(noyuさん)

キャラが生かされてて今日も楽しいWHTでした! 表現とは何か。今日も深い哲学的な白熱した議論でした。「違い」の意味が、部分の中の違いなのか。ドゥルーズが言う、全体が今ここ生まれ変わるという、全体としての違いなのか。単語だけで聞いていては理解が難しい世界ですね!(すっちゃさん)

表現とは、のNoh先生のオーケストラという例えとても分かりやすく美学を感じました。過去、現在、未来全てが繋がって今ここ動きがある。目に見えるものではなく、背景そのものが表現であるという事が私の表現のイメージが広がりました。本日のWHTも解析もとても深く美しい表現でした。ありがとうございました。(さりさん)   

今日もかなり、意識拡張になりました。哲学者は前の哲学者を超えている的なお話、そうなんだと印象的でした。ってことは、令和に生まれた令和哲学は超最先端になるのかぁとわくわくしました。本日のテーマの表現についても、イメージひろがりました。WHTの中で、出演者5人が階段を考えるディスカッション、結構はまってみています。明日も楽しみです。(トメさん)


たくさんのご感想をお寄せ頂き
ありがとうございました。

もっとアンケートを見たい方は
令和哲学カフェコミュニティサイトをご覧ください。

またのご参加をお待ちしております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。