第29回 7/7 感情の美しさ(4)開催レポート


第29回令和哲学カフェ
感情の美しさ(4)

2020年7月8日(水)21:00~22:30

参加者の感想

「鬼滅の刃」は、とても人気があるアニメと言う事は聞いていました。読んだ事は無かったので読んでみようと思いました。 「糸」「宙船」もそうですが何気無く聴いていたのですが、そこにノさんの解析が入る事で全く異なった歌になっていました。 どんな曲も解析次第で、もっと意味の深い物に変化するんだなと感じました。解析する力が身についたら、視野が広がって、生活が面白くなりますね。(cat tailさん)

参加者の皆さんのアニメのストーリーや主人公たちの関係や感情のコメントとノさんの解析を聞いた後にもう一度聞いた時に全く違ったイメージで歌詞が入ってきました。人間の悲しみ願い、懇切な想い等が詰まっていて、解析のパワーは本当に凄いと思いました。解析の主体になって感情を設計出来るようになりたいと思います。(りかるれんさん)

感情の用途・機能をここまで向き合ったことはないと思います。Noh先生の音楽の解析を通して、WHTを通して、感情の用途・機能は瓶の中から外に出る機能を持っていると思いました。(K子)

どこにどの時代にフォーカスして解析していくかで感情が創り出すストーリーに感動。 今の時代に共感性高い今日の選曲でしたが、いつの時代であっても共感出来ることが音楽の素晴らしさだと思った。(コニー)


たくさんのご感想をお寄せ頂き
ありがとうございました。

またのご参加をお待ちしております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。